「健康づくり」の環境要素。

「光浴」-ひかりよく-で健康を。

人間にとって太陽は、「水」「空気」と同様に最も大切な「健康づくり」の環境要素。太陽の光は、「生物時計」の重要な役割を果たしているので、「自律神経」系をはじめ「内分泌」系とも関連しています。 また、皮膚に吸収された紫外線B波はビタミンD生成に大きく関与されています。

今の生活に1日10分の「光浴」で健康に!

安心·安全設計

スタン パベル教授 -監修-

皮膚病学の準教授であり、光線療法部門のリーダー、オランダにあるリーデン大学医療センターの皮膚病学部門の指導的研究者が監修。

ランプ

ランプ

ビタミンDを効率よく生成するUV-B波の300〜320nmをピークとした特殊なランプを使用。また、可視光線との組み合わせにより、お肌に負担をあたえず1日に短い照射時間で活力をあたえます。